一社)豊中市日中創立20周年記念講演会及び記念祝賀会 出席

6月1日(土)13:00から、ステップホールエトレ豊中で開催された、第一部一社)豊中市日本中国友好協会創立20周年記念講演会に、神谷会長、許副会長が出席しました。
大阪産業大学孔子学院中国側学院長康林先生の司会により進められた「新時代の日中関係に大学生として期待すること」についての意見交換会では中国、日本双方の学生の留学体験について発表が有りました。その後、公益社団法人日本中国友好協会会長丹羽宇一郎先生の講演「混沌とした世界情勢の中、新時代を迎えた日中関係」ではこれからの若い世代は勉強しないといけないという事を再三お話しされました。最後に中国魯迅研究会副会長王錫栄先生の講演「魯迅と日本人の友好関係に学ぶ“劫波を渡り尽くせば兄弟あり相逢うて一笑恩讐は滅ぶ”」が有り、豊中市日中の設立についての歴史を知ることができました。
引き続いて18:00から、ホテルアイボリーで開催された第二部豊中市日本中国友好協会創立20周年並びに中華人民共和国建国70周年記念祝賀会に、神谷会長、許副会長、安見副会長が出席しました。100名を超える盛況で、中国留学生による琵琶や琴の演奏、プロジャズバンドの演奏など、2時間にわたり歓談しました。