会長の挨拶

会長の挨拶

prepic 米国でのトランプ大統領就任、フランスでのマクロン大統領就任、韓国での文大統領就任と、各国でのトップが代わり、グローバルな課題と多国間の枠組みが益々複雑となっています。

 中国は、中国国家統計局のデータによれば2016年度のGDPはおよそ日本円で1,240兆に達し、米国に次ぐ世界第二位の経済大国であります。14億を超えるであろう人口を有し、日本の約25倍の国土など、国力を考えますとまだまだ大きく成長していく事は確実であります。

 習近平国家主席は就任6年目に入り、現代版シルクロードである「一帯一路」計画を大きく打ち出し、陸ではユーラシア大陸内部地域を経てヨーロッパまで、海ではアジア、インド洋を経てアフリカにまで至る中国を中心とした経済圏を確立しようとしており、関連する国々地域からの支持も拡大しています。さらにアジアインフラ投資銀行を主導し中国の立ち位置は万全の方向へと進みつつあることは認めざるを得ないものであります。

 日本にとり隣国である中国は最大の貿易相手国であり、中国にとっても日本はアメリカに次ぐ貿易相手国であります。今後も相互発展の為経済的なパートナーとして協力していかなければなりません。
 また、人的交流についても、訪日中国人は2016年度で年間600万人を超え、年々記録を更新しており、日本の経済的利益のみならず、日中関係全体にとっても大いに歓迎すべきことであります。ただ、残念なことに、政府間ではギクシャクが続いており、双方の国民感情も決して良いとは言えませんが、民間のデータによりますと日中双方で約7割以上の人が関係改善する必要があると考えています。

 関西日中平和友好会は1民間の友好団体として、日中の「戦略的互恵関係」の中身やそこでの双方の役割を具体的にイメージすると共に、多くの中国の人々との「直接交流」の場を提供し、現実の日本社会、日本人に触れていただき、双方のイメージ改善に努め、相互理解と相互信頼を増進していく事を中心に活動していきます。

 今後はさらに会員の輪を広げ、当会の諸活動を充実化し、ビジネス、文化、芸術、技術等の各分野にわたる交流を促進し、会と会員の皆様が共に発展できる事業を、皆様と共に展開していきたいと考えていますので、是非とも皆様方のご協力ご鞭撻をお願いいたします。

2017年7月1日

第10代会長 神谷 坦

会長のプロフィールへ


会員の増強と法人会員の獲得

 会本来の目的である「日中交流の大きな枠組みの中で民族、世代を超えて相互理解を図るために多様な個性の出会いの場を提供」すること、会員(法人会員含む)の経歴・特技を生かした文化交流・ビジネス(法人会員の紹介)等の情報共有から始め、それがグループとなり、さらには具体的なプロジェクトに成長させるシステムを構築することがボランティア組織には不可欠な要素と考えております。
 個人でできる事は小さくても、グループとして取り組むことができれば大きな力になります。ともに参加協力することにより、何らかの実績を作ることが一番重要と考えております。会員個人の達成感の共有が、会の継続発展にとって重要な要素です。
 本年の中心課題として法人会員の獲得を目指し、法人にとってもメリット提供できるように体制を準備していく所存でおります。中国の友好団体や在日中国人友好団体に対し法人会員の情報をご紹介し、交流の機会を提供することにより、その中から新しい展開が生まれるものと確信しております。

今後の活動予定

女子部会活動
日時は決定次第更新致します
日中友好と交流の集い(餃子会)
日時は決定次第更新致します
法人部会活動 海外企業視察
日時は決定次第更新致します
理事会
日時:12月14日(木) 18:00~20:00
第12回親睦ゴルフ(文化部主催)
日時:12月(土)
会報121号発行
日時:年末発送
理事会
日時:1月11日(木) 18:00~20:00
新年会
日時:2月初旬
文化部会活動
日時は決定次第更新致します
理事会
日時:3月8日(木) 18:00~20:00

今年度の活動予定はこちらから